« 行動派宣言!/動物実験の廃止を求める会(JAVA) | トップページ | 行動派宣言!/Yacht Aid Japan »

行動派宣言!/名古屋第三世界NGOセンター

名古屋第三世界NGOセンター
■月刊『記録』95年6月号掲載記事

■運動の目標

 情報と人材の提供によって中部地域のNGO運動の活性化を目指す。市民が参加できる行事を企画し、NGO活動に協力できる場を提供することによって市民権を得る。
 第三世界に対しての差別をなくす。施しとしての援助ではなく、相互の自立と平等かつ公正な関係を実現する。また、行政を監視し、行政に市民の声を聞かせる。

■発足の経緯

「名古屋には文化が見当たらない」とよく言われる。しかし市民レベルを考えると、草の根の文化が着実に芽生えている。本会もまた、その現れの1つである。
 80年代に入ってNGOグループの間に協力体制を作ろうという呼びかけがあった。それに応える形で開催されたのが、87年4月に開催されて14団体が参加した「援助を考える・名古屋NGOシンポジウム」だった。
 また、87年は国際住居年だったので、4月25日に名古屋市主催のシンポジウムが開催された。その準備に呼ばれた市民グループから2人のパネラーが選ばれた。7月26日には、同じく名古屋市主催の「アジア太平洋都市会議・市民フォーラム」の向こうを張って市民グループ独自の市民フォーラムを行なった。
 秋には会議を重ねながら、センターの形態を決めていき、1988年の1月16日にYWCAにおいて、発足式が行なわれた。

■運動の歴史

 独自の活動としては、国際交流評議会(NIA)の加盟団体であるので、毎年NIA主催のふれあいフェスティバルの準備と実行に参加している。名古屋市の女性団体評議会の活動にも参加している。94年11月には東京の(JANIC)と共催で名古屋での初めての全国NGOの集いを企画した。
 その他、各加盟団体の活動や行事に協力している。現在までに、第三世界と関係ある写真と絵画展示会・講演会・外国のバンドと劇団の全国ツアー・上映会・地域のオープンマーケットやバザーに参加して第三世界の民芸品販売などを行なった。

■思い出深い出来事

 第三世界の国へでかけて出会った人々との思い出。

■工夫している点やユニークな方法論

さまざまな団体をまとめるために、政治色を出さないようにしている。政治的な違いが明らかになると、各団体がバラバラになるからだ。また、前例がないために行政の協力も得られない場合も多いため、根気強く小さな前例を積み重ねるようにしている。

■運動の問題点
 今まで暇をみて行なう活動という意識が主だったので、個人の家が事務所になっていた。今年から経済的な不安を抱えながらも、センターのためだけの事務所を借りて本格的に活動しようと決めた。各団体のメンバーの意識をできる限り統一させるのは大変な作業である。(文責ステファニ・レナト)

■現在の「名古屋第三世界NGOセンター」
http://nangoc.org/index.html

|

« 行動派宣言!/動物実験の廃止を求める会(JAVA) | トップページ | 行動派宣言!/Yacht Aid Japan »

行動派宣言!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/389724/7802296

この記事へのトラックバック一覧です: 行動派宣言!/名古屋第三世界NGOセンター:

» ドイツ [ドイツ特集]
ドイツについての情報案内サイトです。 [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 16時55分

« 行動派宣言!/動物実験の廃止を求める会(JAVA) | トップページ | 行動派宣言!/Yacht Aid Japan »