« サイテイ車掌のJR日記・斉藤典雄/動員 落雷 全国大会 | トップページ | 行動派宣言!/森と水と土を考える会 »

行動派宣言!/森と水と土を考える会

■月刊『記録』96年2月号掲載記事

■自然は子孫からの預かりもの

■運動の目標

「自然とは祖先から譲り受けたものでなく、子孫からの預かりものである」という理念に基づき、自然を豊かなまま次世代に手渡すことを考え、行動する、と規約の第3条に定めてある。
 私達が便利で豊かな生活を求め続けた結果が、資源の枯渇・二酸化炭素の増加による温暖化・核廃棄物などの産業廃棄物・一般廃棄物のはんらん・大気や水の汚染・地球環境の破壊などをもたらし、次世代の人類の危機を招いているなら、私達は子孫の命をむさぼり食っていることにほかならない。生活スタイルの見直しを訴え続けたい。

■発足の経緯

「広島市内にゴルフ場の建設計画が5つも6つもあるよ、何とかしょうやあ」と言い出したのがきっかけである。
 呼びかけに対してユニークな人達が集まり始めた。「工業化が諸悪の根源だ」「農的な暮らしに帰ろう」「スーパー林道も問題だ」「農薬の空中散布も取り上げよう」「農山村の過疎化」「石鹸運動」「原発反対」などそれぞれがやりたいこと抱えて集まってきた。そうだ、みんな環境問題だ。できるところからやろうじゃないか。

■運動の歴史

 会は6つの部会に別れている‥‥はずだが今はダンゴ状態。
◎森の部会・・・・西中国山地の十方林道スーパー林道建設計画の見直しを訴える。
◎十方林道歩こう会・・・・広葉樹林を再生しようとドングリを拾って苗木を育て、山に戻す運動を展開中。
◎水の部会・・・・牛乳パックの再生紙を使った美術展、一般廃棄物処分場問題の取り組み。
◎農(土)の部会・・・・無農薬有機野菜や無添加食品の会員制宅配の店「百姓や」を営業。部会として援農等に取り組む。
◎ゴルフ場、リゾート法問題部会・・・・ゴルフ場建設に反対し、立木トラストなどに取り組む。
◎反原発、エネルギー部会・・・・反原発の祭り「土・水・空気を生かしん祭」の事務局を受け持って祭りを開催してきたが、この1・2年は動きなし。
 その他に瀬戸内に面する県(プラス島根県)のゴルフ場に反対する団体で組織する「環瀬戸内海会議」の事務局を受け持つ。

■今後の抱負

 広島市のデルタ地帯を形成し、水瓶である「太田川」を水系としてとらえ、皆で川について考え、行動する道を模索したい。
 その1つの方法として、ドングリを拾い、苗木を育て、山に植林する運動をもっと多くの人に知ってもらい、漁業者、広島市民、川沿いの住民皆が参加する運動を目指す。行政が単に水源林を育てるのではなく、市民の意識改革ができるのではなかろうか。

■思い出深い出来事

 こんな小さな会が事務所を維持できる不思議と驚き。ボランティアで事務所を手伝ってくれる素晴らしい人達との出会い。数え切れないほど開催した講演会、その度ごとの新たな人との出会い。

■工夫している点やユニークな方法論。

 会長はいる。部会長も一応いる。でもいわゆる「幹部」はいない。やる気のある人が入会したら、その人が今日から「世話人」。面白いテーマがあれぱ「世話人」になって行動する。ゴルフは好きだが原発には反対という人もいる。原発は必要だが自然を守ろう、と言う人もいていい。自分はどう生きるのか、社会はどうあるべきなのか、1人1人が考えていく会。

■運動の問題点

 正式な「世話人」がいないので責任感覚が少なく、月例会などの出席率が悪い。先頭に立って行動する人が限られていて少ない。少ない会員で事務所を維持するので、金銭的に大変。

■運動を継続するためのポイント。

 一般の人が参加しやすい催事を開催するよう心掛けている。「‥‥ねばならない」はタブー。民主的運営を心掛ける。お互い疲れる運動はやらない。言い出しっぺが責任を持って事に当たる。(原戸祥次郎)

■現在のウェブサイト……なし

|

« サイテイ車掌のJR日記・斉藤典雄/動員 落雷 全国大会 | トップページ | 行動派宣言!/森と水と土を考える会 »

行動派宣言!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/389724/7937006

この記事へのトラックバック一覧です: 行動派宣言!/森と水と土を考える会:

« サイテイ車掌のJR日記・斉藤典雄/動員 落雷 全国大会 | トップページ | 行動派宣言!/森と水と土を考える会 »