« だいじょうぶよ・神山眞/第45回 憧れのブラックマグナム | トップページ | だいじょうぶよ・神山眞/第47回 吹き荒れるトラブルの嵐 »

だいじょうぶよ・神山眞/第46回 商談成立

■月刊「記録」2003年7月号掲載記事

*           *            *

「いやあー、神山さん、すごいですよ。4台で290万円。ぼく業界長いけど、こんなの聞いたことありませんよ。この低予算でオープンできたらギネスブックものですよ!」
 日焼けマシン4台分の見積もりができたので、今すぐ来て欲しい、そうオーナーに電話で言われ、ぼくはとるものもとりあえず青山のオーナーのオフィスへ向かったのであった。
 青山の一等地に居を構えたオフィス。地下が日焼けサロン、一階は商談のためのオフィス、二階が自宅になっている。壁の至るところに有名人とのツーショット写真が飾ってある。ラーメン屋なんかで見ると、なんかちんけであほくさいなぁ、といった目で眺めるものだが、青山の高級住宅のなかでみると、あー、おれもいつかはこうなりたいなぁ、となってしまうのだから人間とは不思議なものである。
 それにしても290万円とは、少し予算オーバーであった。物件を借りるときにすでに予算はオーバーしてしまっているので、これ以上無理はできない。
「うーん、3台ってどうですかね? マシン3台で店、始める人なんていないですよねぇ」
 と、オーナーにおずおずと聞いてみると、
「おもしろい! それもおもしろいです。でもギネスブックに載るほどではありませんね。3台だったら170万円で結構ですよ。安い! やっぱりこれはギネスブックもんだぁ」
 と、妙にテンション高く言われた拍子にぼくはまたもや「それでお願いします」と言ってしまい、そこですべての商談があまりにもおおざっぱに決まった。
 早々搬入の日取りも決めてもらい、なんだか変な胸騒ぎはしたが、まぁ、オープンすることが先決だとぼくは無理やり自分を納得させた。

■ひっきりなしに鳴る携帯

「お祝いに食事をご馳走させてくださいよ!」とオーナーに言われ、ぼくは近くのブラジル料理の店に招待された。
 パサパサした魚料理を食べていると、「そういえば、ブラックマグナムちょっと調子悪いんですよ。だから同じクラスのcpsでいいですよねぇ」と、あまりにも当たり前のようにオーナーにサラッとそう言われた。
「え、えー?」
 とは言ってみたものの、調子が悪いマシンを引き受けるのも機会音痴のぼくとしてはちょっと都合が悪い。
「まぁいいですよ。マシンはやっぱり程度がいいほうがいいに決まってますから」と、またもや調子のいいことを言ってしまうぼくである。
「良かった。マグナム、大阪の人が欲しがってるんですよ。そっちに売っちゃいましょう。神山さんのオープンにケチをつけるわけにはいかないですからね、ここはひとつ調子のいいcpsでいきましょう」
 おや? と思わせるには十分な発言を聞き、再び少し不安がよぎる。しかし、よその業者からでは、こうは安くは買うことができない。さらに気になることがもう一つ。ひっきりなしにオーナーのもとには携帯に電話がかかってくるのだ。
 最初はさすが青山の人のビジネスというのはぼくなんかとスケールが違うなぁと思ったものだが、よく聞いているとどうも違う。明らかに苦情らしき電話が多いのだ。オーナーはといえば、「わかりました。あとで電話します」と言って電話をすぐに切る。するとそのそばから電話がまた鳴るといった具合だ。
 まぁ、初めての商売なのだから多少の不安はしようがない。
 ここでもぼくは無理やり割り切ることにした。

■搬入初日からトラブルが

 しかし案の定、搬入の日、いきなりトラブルが起きた。
 厳密にいうと、これから起こる数あるトラブルのうちの第一号である。
 その日、夕方の5時に青山の店で僕とオーナーは会う約束をしていた。しかし約束の時間になってもまるでオーナーは姿を現さない。店番のきれいな女の子に連絡をとってもらおうとしたが、携帯に電源が入っていないため無理だという。
 30分経つと約束を守らないオーナーにイライラしてきた。連絡ぐらいよこすべきだと思う。しかしそんなイライラも1時間後には“現れないのでは?”という不安に変わり、2時間後には“ただただ来てくれればいい”という懇願へと変わっていった。
 2時間後にオーナーは現れた。
 やっと現れたオーナーは、「いやぁ、待ちました? すみません」と、軽く頭を下げた。
「ちょっと待ってくださいね。作業用の服に着替えますから」
 背後には茶髪のお兄さんが2人控えている。
 この人たちが搬入するらしい。 (■つづく)

|

« だいじょうぶよ・神山眞/第45回 憧れのブラックマグナム | トップページ | だいじょうぶよ・神山眞/第47回 吹き荒れるトラブルの嵐 »

だいじょうぶよ-パートナーは知的障害者!?-/神山 眞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/389724/7272054

この記事へのトラックバック一覧です: だいじょうぶよ・神山眞/第46回 商談成立:

» 渋谷 ブラジル料理 [簡単クッキング入門!]
面倒だと思う料理、実はとっても簡単です。レシピいらずで料理ができるって信じられますか。私もうたがってましたが、納得です。料理にはちょっとしたコツがあるんですよ。7日間のアドバイスで、まるで魔法のように3分で一品が完成させてしまっているのです!!これからは料理学校や料理教室に通わなくても料理が簡単にできちゃいます。気になる方は ⇒⇒⇒新米主婦でも簡単に7日で料理が出来るようになった料理マニュアル【100円レシピ、3分料理集多数!】だいじょうぶよ・神山眞/第43回 商談成立とオーナーに言われ、ぼくは近く... [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 18時43分

« だいじょうぶよ・神山眞/第45回 憧れのブラックマグナム | トップページ | だいじょうぶよ・神山眞/第47回 吹き荒れるトラブルの嵐 »