« だいじょうぶよ・神山眞/第43回 職業相談 | トップページ | だいじょうぶよ・神山眞/第45回 憧れのブラックマグナム »

だいじょうぶよ・神山眞/第44回 日焼けサロンの物件探し

■月刊「記録」2003年5月号掲載記事

*          *           *

 ぼくは学園の最後の春休みを利用して、大阪のプロレスショップの見学に来ていた。『プロレス・ファン』という雑誌の広告でみつけた店だ。
 店の奥にいたおばあちゃんは、ぼくがプロレスショップを開くつもりであることを伝えると、ショップの経営者たちがこなさなければいけないプロレスラーたちとの無茶苦茶な交流のしかたを教えてくれた。
 大食いのレスラーたちをメシに連れていかなければいけないことや、興行会場で売れ残ったTシャツを押しつけられる話だ。
 おばあちゃんの話は、確かにかなり滅茶苦茶だったが、なんだかおもしろそうにも思えた。ぼくはだいぶ乗り気になっていた。
 おばあちゃんの次の言葉を聞くまでは……。
  「まあ今のは冗談だとしても。でもねえ、あなた考えたほうがいいわよ」
 おばあちゃんの目は急にマジになった。
  「もうね、この商売、本当に儲からないから」
 儲からないだろう、という予想はしていた。だから、そのことには驚かなかった。だがぼくは、だからこそ、違う答えが聞きたかったのだ。たとえば「生活するのには困らないけど、決して儲からない」とか「たいして儲かる仕事じゃないから、好きじゃなきゃやっていけない」とか。
 そんな答えだったらぼくはきっと始めていた。確実にぼくはプロレスショップを選んでいただろう。しかし……
  「このビルねぇ、私のビルなの。だから家賃かかんないの。だけどもう閉めようかと思ってる。プロレスファンの人はね、1時間でも2時間でもここにいて、おしゃべりしていくの。でも買わない。お金は落とさないわよ。全然商売ににはならないわよ」
  「そ、そうなんですか…」
  「もう絶対。全然」
  「い、いや、プロレスショップ、何がなんでもプロレスショップって思ってたわけじゃないんですよ。あー、たとえば日焼けサロンなんかもいいなぁなんて…」
  「そっちにしなさい! プロレスは商売にしちゃダメ。絶対ダメよ!」
 間髪入れずにおばあちゃんは言った。
 ……ああ、よかった。本当に大阪に来てよかった。消去法ではあったが、これで次の仕事を「日焼けサロン」1本に絞ることができたのだ。

■ケタがひとケタ違いますよ

 なにせ年度末ぎりぎりの3月31日まで働いたものだから、あらゆるスタートが遅れ気味だった。その間、正利と結束を強めるかのごとく、世田谷のあたりで焼き肉を食べていたせいもある。店のオープンは理想を言えば5月の連休中であった。遅くとも6月のはじめがタイムリミットだと思っていた。
 なぜなら、日焼けサロンが稼げるのは「5月から7月」と非常に短いのがその理由だ。
 それなのに、学園をいざ退職しても、物件すら決まってはいなかった。それどころかタンニングマシン(日焼けマシン)の発注も、広告の掲載も何も手を打っていなかったのだ。
 まあ、それがぼくのやり方といえば、いつも通りではあったが。
 とりあえず、物件探しが先決と考え、毎日、不動産屋巡りが始まった。不動産屋のオープンから閉まる時間まで、自転車でしらみつぶしに一件一件あたった。
 巡り始めてすぐに、不動産屋というのは不思議な商売だなと思った。ぼくがすぐにでも借りたいのだと言い立てても、積極的に探してくれるところは稀であった。特に不動産屋の店長や社長とおぼしき人物たちは、あまりぼくの話に興味をもってくれない。たいていはアルバイトかパートの女の人あたりしか、ぼくにきちんと応対してくれないのだった。
  「あとでFAXを流しておきますよ」と言う人たちが、ほとんどで、実際に「今すぐ一緒に見に行きましょう」と言ってくれる人はあまりいなかった。
 その理由は、徐々にわかった。
  「保証金と家賃で、最初に納める額をなんとか150万円に抑えたい」これが原因だった。
 ぼくがこう言うと、「そりゃあ無理。1ケタ、ケタが違いますよ」と何度も言われたものだった。
 駅から3分以内で商店街に面しているところで、そんなに安いところなどないというのだ。だが、必ず見つけてみせると、ぼくはかなり意気込んでいた。予定額の150万円を200万円まで上げると、何軒か内見するまでたどりつくことができる物件がみつかった。
 しかし残念ながら、これらの物件はみな駅から遠く、とても商売に向いているとはいえない代物であった。それでも最終的にそろそろ決めなくてはならなかった。そんな時期にすでにさしかかっていた。
 いつのまにか季節はゴールデンウィークを迎えてしまっていたのだ。当初の予定はすでに崩れてしまった。 (■つづく)

|

« だいじょうぶよ・神山眞/第43回 職業相談 | トップページ | だいじょうぶよ・神山眞/第45回 憧れのブラックマグナム »

だいじょうぶよ-パートナーは知的障害者!?-/神山 眞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/389724/7272040

この記事へのトラックバック一覧です: だいじょうぶよ・神山眞/第44回 日焼けサロンの物件探し:

« だいじょうぶよ・神山眞/第43回 職業相談 | トップページ | だいじょうぶよ・神山眞/第45回 憧れのブラックマグナム »