« だいじょうぶよ・神山眞/第42回 憧れの新聞配達員 | トップページ | だいじょうぶよ・神山眞/第44回 日焼けサロンの物件探し »

だいじょうぶよ・神山眞/第43回 職業相談

■月刊「記録」2003年4月号掲載記事

*           *          *

 各駅停車の扉が開くたびに、ぼくは目を覚ました。
 3月とはいえ、夜中の冷気はさすがにこたえる。こんなことならば、朝一番の新幹線に乗るべきだったと後悔した。
 大阪に着くまでにあと5、6時間はある。寒さとお尻の痛みで寝ることを断念した。ぼくは『プロレス・ファン』というチープなつくりの雑誌を取り出し、折り目のついたいつものページを開く。
 そこには、大阪にあるプロレスショップが3軒紹介されていた。

■お客さんが初めてだよ!

 どの店にも、所狭しとプロレスグッズが積み重ねてある。オシャレさとか見た目の良さとか雰囲気を一切無視した空間。ここは「プロレスショップ」。
 そこにぼくは、正利との共同生活における未来の「ある種の予感」みたいなものを感じていた。雑然としながらも夢や楽しさがぎっしりと詰まった生活。そんなものをつい夢想してしまうのだ。
 夜中の12時に横浜を出発したのに、大阪に着いたのは朝の10時だった。
 なにせ1日で3軒のショップを廻る予定だったので、とるものもとりあえず1軒目のショップへ向かう。大阪球場のそばにそのショップはあった。裏通り、しかもまるで人通りがない。目立った看板もなく、探し出すのにひどく苦労した。
 古くさびれたビルを階段で2階まで上がると自動ドアはなかった。その入り口のドアには、プロレスの興行用ポスターが所狭しと貼ってある。
  「(通いつめるものなんだなぁ~)」などと感心してしまうほど、さびれた印象を受けた。
 ドアを押し、店内に入ると実にガラーンとしている。雑誌の広告で見るよりも広く感じる。ぼくの他に客が一人もいないせいだからだろうか。
  「(いや、平日の昼なのだから、こんなの当たり前かもしれない)」などと思いつつ店内を見回すと、部屋の端っこにレジらしきものがあり、そこにはおばあちゃんが1人ちょこんと座っていた。
 しかし、いわゆるコンビニなどに備えられているカウンターのようなものはなく、プロレスグッズが山のように高く積み上げられ、そびえさせられたものがカウンター代わりとなり、おばあちゃんの居場所をなんとか確保している。
 いきなり声をかけるのも何かためらわれるようなたたずまいなので、とりあえずぼくは店の中を一巡りした。そしてプロレスTシャツを2枚とハルク・ホーガンの歯ブラシを手に持ち、おばあちゃんの元へ向かった。
 プロレスTシャツはどうせ外では着られないだろう。スポーツクラブで着るのも恥ずかしいデザインだった。買うのはもったいないな、と一瞬思ったが、手ぶらで将来の事業相談に乗ってもらうのも失礼な話だと思い、握りしめてレジへ向かった。
 レジの前で商品を差し出すと、おばあちゃんは、ぼくが話しかけるよりも早く話しかけてきて、
  「このホーガンの歯ブラシ、お客さんが初めてだよ!」
  「え?」
  「せっかくアメリカ人のね、関係者から手に入れたのに、全然売れないの」
  「えー?」
 ぼくには少し意外に思えた。Tシャツはちょっとアレだが、ハルク・ホーガンの歯ブラシなら、ぼくならいくつでも欲しいと思ったからだ。
  「あのう、ぼく、東京でプロレスショップ始めようと思ってるんですが」
 思い切ってそう言い、障害者プロレス“ドッグレッグス”の名刺を差し出し、名前を名乗ってみた。
  「あなたがプロレスショップやるの?」
  「はい…」
  「プロレス関係の知り合いとかいる?」
  「イイエ…」
 やっぱりコネなどがないとダメなのかもしれない。それはそうだろうなと思った。
  「大変よ、あの人たち。食事に連れて行けとか、いざ連れてったら、外人のレスラーなんか連れてくるし」
  「は?」
  「たくさん食べて飲んで、でもお代はこっち持ち。しかも売れそうもない商品や会場で売れなかったTシャツなんか、みんな押しつけられるわよ」
  「はあ…」
 なんだか無茶苦茶な世界である。
 だが、「(なんだか楽しそうだな…)」と、ぼくには逆にそうも思えた。
 無茶苦茶だが、雑多で汗まみれで、好きじゃなきゃやってられない商売。苦労もある。そんなのもいいなとぼくは一瞬思った。
 次のひと言を聞くまでは。 (■つづく)

|

« だいじょうぶよ・神山眞/第42回 憧れの新聞配達員 | トップページ | だいじょうぶよ・神山眞/第44回 日焼けサロンの物件探し »

だいじょうぶよ-パートナーは知的障害者!?-/神山 眞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/389724/7272033

この記事へのトラックバック一覧です: だいじょうぶよ・神山眞/第43回 職業相談:

« だいじょうぶよ・神山眞/第42回 憧れの新聞配達員 | トップページ | だいじょうぶよ・神山眞/第44回 日焼けサロンの物件探し »