« 靖国を歩く/ 第5回 訓練生を殺した特攻兵器(『記録』編集部) | トップページ | 靖国を歩く/第7回 大鳥居の向こう側(『記録』編集部) »

靖国を歩く/第6回 靖国の桜と気象庁(『記録』編集部)

■月刊『記録』02年5月号掲載記事

       *        *        *

 今年の3月16日、28年間の観測史上もっとも早い桜の開花が宣言された。気象庁の職員が靖国神社にある3本のソメイヨシノを調査し、東京における桜の開花時期が決まる。 
   じつは気象庁がデータをとり続けている植物は、桜だけではない。梅、椿、サルスベリやあじさいなどの開花も調べているし、かえでの紅葉やいちょうの発芽も観測対象となっている。驚いたことに、ウグイスの初鳴きやシオカラトンボを初めて見つけた日なども記録に付けているという。 
   この東京管区気象台が観測している14種類の植物で、気象庁敷地内以外でデータを収集しているのは、わずかに3つ。桜、いちょう、しだれ柳、である。だが、いちょうとしだれ柳の観測地は、気象庁の敷地から一本通りを隔てた清麿公園だ。なぜ桜の観測地だけが、直線距離にして1.6キロも離れた靖国神社なのだろうか? 昆虫や鳥でさえ、気象庁のある大手町周辺で観察しているというのに。 
   怪しい! そう考えたくもなるだろう。気象庁近くの桜など山ほどある。清麿公園の200メートル先には、見事な桜の植わった平川門があり、そこから皇居東御苑に入れば、まさに桜の宝庫。
   「開花の基準となる標準木が、どうして靖国神社の桜となったかは、残念ながら記録がありません。桜の観測も、1990年に本庁から東京管区気象台に管轄が移ったりしていますので……」 
   東京管区気象台の担当者は、こう答えた。 
   そもそもこの担当者によれば、53年の観測当初、どこの桜が標準木だったのかもハッキリしないという。靖国神社の桜を標準木にしたという記録が残っているのも、66年からである。
   「記憶が定かではありませんが、昭和39年(1964)ごろ庁舎の建て替えがあったので、もしかすると何か関係があるのかもしれません」 
   当初、気象庁敷地内にあった桜の標準木が庁舎の建設とともに伐られ、靖国神社に引き継がれたとしても何ら不思議はない。ただし裏付ける証拠はない。 
   インターネットには、各公園や名所の開花日を平均してみたら靖国神社の開花時期に近かったので標準木に採用した、という話も紹介されていた。しかし、この出典も明らかではない。

■生と結びついた桜 

   靖国神社の桜は、特別な意味を持つ。敗戦を翌年に控えた44年には、「死んでも靖国の桜となって会おう」と歌い上げた『同期の桜』がヒットした。また、靖国神社の桜の多くは、部隊名と連絡先の書かれた札が縛りつけられている。生き残った戦友が連絡を取り合えるように考えられたものだろう。軍国主義に利用され、戦争で死んでいった人や残された人の思いと密接に結びついているのが「靖国の桜」である。どんな理由であれ、わざわざ標準木にしなくても、と正直思っていた。満開の靖国神社を訪ねるまでは。 
   桜が満開になる数日間、境内は花見客に開放される。露天が並び、サラリーマンの笑い声が響く。 
   それは見事なまでの変化であった。五分咲きのころは戦争の暗い影を引きずっているように思われた桜の花が、宴会用の小道具へと変わっていた。戦時中、死と密接に結びついた桜も、露天商と酔っぱらいの熱気で生と結びついたようだった。 
   多くの国民が気象庁の開花宣言から思い浮かべるのは、花見だろう。ならば「靖国の桜」が標準木でも悪くない。そんなことを考えながら、満開となった靖国の桜を見物した。
(■つづく)

|

« 靖国を歩く/ 第5回 訓練生を殺した特攻兵器(『記録』編集部) | トップページ | 靖国を歩く/第7回 大鳥居の向こう側(『記録』編集部) »

靖国を歩く/奥津裕美・『記録』編集部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/389724/6784692

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国を歩く/第6回 靖国の桜と気象庁(『記録』編集部):

» 気象庁 [検索トップ20]
靖国を歩く/第6回 靖国の桜と気象庁(『記録』編集部) 2007-06-14 11:35:38http://nikkankiroku.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_2167.htmlじつは気象庁がデータをとり続けている植物は、桜だけではない。梅、椿、サルスベリやあじさいなどの開花も調べているし、か..... [続きを読む]

受信: 2007年6月15日 (金) 20時05分

» 気象庁 [大人への出会いと別れ]
靖国を歩く/第6回 靖国の桜と気象庁(『記録』編集部)じつは気象庁がデータをとり... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 17時11分

» 気象庁の取材レポ [旬菜話題]
暑い日が続いていますねー。 雑誌ですごい話題だったので、コレ買っちゃいました。 彼氏もオイシイって大喜びでした。 やっぱり夏といえば、コレですよねぇ~。雨量警報機(気象庁検定付) ☆商品価格:524,790円レビュー平均:0.0靖国を歩く/第6回 靖国の桜と気象..... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 04時42分

» 気象庁 [今日の情報速報スクラップ]
靖国を歩く/第6回 靖国の桜と気象庁(『記録』編集部)じつは気象庁がデータをとり続けている植物は、桜だけではない。梅、椿、サルスベリやあじさいなどの開花も調べているし、かえでの紅葉やいちょうの発芽も観測対象となっている。驚いたことに、ウグイスの初鳴きやシオ..... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 12時18分

» 気象庁 [日刊ネタブログ]
雨雪量計(気象庁検定付) ☆商品価格:493,920円レビュー平均:0.0靖国を歩く/第6回 靖国の桜と気象庁(『記録』編集部)じつは気象庁がデータをとり続けている植物は、桜だけではない。梅、椿、サルスベリやあじさいなどの開花... [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 05時15分

« 靖国を歩く/ 第5回 訓練生を殺した特攻兵器(『記録』編集部) | トップページ | 靖国を歩く/第7回 大鳥居の向こう側(『記録』編集部) »